総量規制と専業主婦の借り入れ

総量規制とは何ですか?

2010年6月に賃金業法が改正され、総量規制ができました。カードローン利用者にとっても大きな変革となりました。
カードローンなどの借入総額が年収の3分の1までに制限されることとなり、今まで無理な借金を繰り返していた多重債務者は、もうこれ以上借り入れができないということになりました。

総量規制は個人が借りるお金のみに規制されるもので、事業目的でないものに限ります。
目的のないローンがあたるので、カードローンはこれにあたります。

年収の3分の1となると、その人の収入によるので無理な借り入れを防ぐことができます。
アルバイトでもパートでも、一定収入があればその3分の1まで借りることができます。

収入のない専業主婦はどうなりますか

収入のない専業主婦は、総量規制により借りることができなくなりました。
実際には配偶者の同意があると借りることができるのですが、なかなか現実的ではありません。

ですが、実は銀行は総量規制の対象外です。消費者金融や信販系カードは総量規制により制限されますが、銀行はあてはまらないので、審査に通りさえすれば、収入のない専業主婦でも審査に通れば融資される場合があります。
実際に「専業主婦でも借り入れができます」と宣伝している銀行カードローンもあります。

このページの先頭へ