カードローンの金利の計算の仕方

カードローンの金利の決め方

カードローンの広告には金利が○%表示してあり、誰でも安い金利に目がいきがちかと思います。
金利は、その人の信用度や、初めての借り入れかどうかなどさまざまな条件で判断されるので、広告に書いてある数字をそのまま適用されるわけではありません。一般的に信用が高い人は金利は低く、信用が低い人は金利が高いという設定になっています。

カードローンの金利の計算方法

たとえば金利が18%だったとします。
この場合の計算方法は金利 = 借入金額 × 金利 ÷ 365日 × 借入日数 となります。

例)10万円を実質年率18%で30日間借りた場合 10万円×18%÷365×30日=1,479円となります。
たとえば30日無利息期間がある金融会社で借りたとすると、この1479円が0円になるので大変お得になります。

このページの先頭へ