カードローン申込み時に必要なもの

カードローンを申し込む時に必要な書類があります。本人確認ができる本人確認書類や場合によっては収入を証明をするためのものが必要です。

本人確認書類

カードローンを申し込みする時に必要なものとして絶対必要なものに、本人確認書類があります。
主なものは「運転免許書」です。 運転免許を持っていない場合は保険証やパスポートがあれば申し込みできます。
わざわざ用意するものでないので簡単です。

外国の人は、在留カード、外国人登録証明書、特別永住者証明書が必要です。

引越しをしたばかりなどで運転免許書が現在の住所と異なる場合は、住所を証明することができませんので、住所と氏名を証明するものが必要です。ガス、電気、水道などの公共料金の領収書、住民票の写しし、印鑑証明を求められる場合があります。 住所が違う人はあらかじめ相談しておくと良いでしょう。
公共料金の領収書で済む場合もあるので、捨てずにとっておきましょう。


金額によっては収入証明書も必要

借りたい金額によっては、収入証明書も必要になる場合があります。
50万円以上、100万円以上と金融機関で決められており、金額が大きくなると提出する必要があります。
一定金額までは必要がありません。

金額が大きくなると、金融会社にとってもリスクです。返済能力がある人物なのかどうかをチェックする必要があります。希望通りの金額になるかどうかも収入によって違ってきます。
すべて審査が終わった後に限度額が決定します。

会社員の人は、源泉徴収票、給与明細書が必要です。 自営業の人は、確定申告書の控えが必要です。その他としては、所得証明書、給与明細書、住民税決定通告書などを、収入を証明する書類として使うことができます。
給与明細書を使用する場合は直近2ヶ月分の明細書が必要な時があります。捨てずに残しておきましょう。

このページの先頭へ