カードローンの返済方法について

カードローンの返済方法の種類

一度は目にしたことがあるカードローンの返済方法。実はよくわかっていないという人は多いのではないでしょうか。
今あるカードローンの返済方法は、元利均等方式、元金均等方式、分割払いリボルビング払いが一般的です。

元利均等方式

元利均等方式は、毎月一定の返済額に設定してある方法です。
この返済方法の一番のメリットは、毎月の返済額が明確になっているのでわかりやすいというところにあります。 住宅ローン、車のローンなどに多く採用されている返済方式です。

元金均等方式

元金均等方式は、毎月の元金の返済額を定額にしてあり、そこに上乗せする分の利息の返済額を残高にあわせてかけていく方法です。最初の返済額が大きくだんだんと減っていくという返済方法です。
上記の元利均等方式と比較すると、支払う金利はないというメリットがあります。

分割払い

返済額をこの期間で返すと決めて、総額を単純に割り算して、毎月を一定額にした返済方法です。
計画的に返済できるといメリットがある一方で、利息が他の支払い方法と比較すると高いというデメリットもあります。

リボルビング払い

リボ払いと言われる方法がこれです。
リボルビング払いにもいろいろ分けられており、大きく分けると「定率リボルビング」「定額リボルビング」「残高スライドリボルビング」 に分けられます。
カードローンの返済方式で一番主流なのが、リボルビング払いの「残高スライドリボルビング払い」です。
10万円借りると返済は毎月5千円、20万円借りると返済は毎月8千円ずつといった具合に、 借りる金額によって、定額になっている返済額が決まるという仕組みです。
メリットは毎月の返済をきちんと行っていれば、臨時返済も可能であるということ。余裕のある時には余分に返済できる大変便利な返済方法です。

このページの先頭へ