カードローンの限度額について

利用限度額は決められています。

カードローンの基本情報として示してある限度額。
これは、だれもがこの限度額いっぱいに借りられるというわけではありません。利用限度額は利用者一人一人を審査した上で決められます。
その人の返済能力を超えた限度額は決して設定されません。

限度額はどうやって決まるのか

それでは、限度額はどのようにして決まるのでしょうか? それは審査によって決定されます。

カードローンの申し込み時には、勤務先や勤続年数、他社借り入れ情報など 収入に関する情報を記入する項目があります。それらの情報を見て、利用者にどの程度の返済能力があるのかを判断されることとなります。

限度額が多い人はどんな人なのかといいますと、公務員、有名企業・大手企業に勤めている人や、勤続年数が長くて安定している人、パートやアルバイトよりは正社員重視といったことがあげられます。
とはいえ、初めての借り入れの時は少な目に設定してある金融会社もあるので、 まずは少額の借り入れをしてみるのがいいかと思います。

利用限度額を増額したい時は?

何度も借り入れをしているうちに、限度額を増額したくなるという人は多いようです。 新規借り入れの時は、限度額が少なめに設定してある場合が多いので、まずはそれを返済してから相談するというのが良いです。
期限までにきっちと返済するという実績を積み上げるのが一番良い方法です。

このページの先頭へ