カードローンの選び方

カードローンとは?

カードローンとは、本人の確認と個人信用情報に応じて無担保でお金を借りることができ、分割で返済することができる融資のことです。

カードを作ることでそのサービスを受けることができることから、カードローンと呼ばれています。

カードローン会社の種類

カードローンのサービスを提供している会社は、大きく二つの種類に分けることができます。
一つが銀行で、もう一つが貸金業者です。
銀行は銀行法という法律で規制されていて、貸金業者は貸金業法という法律によって規制されています。

貸金業者は、さらに二つの種類に分けることができます。
一つが消費者金融で、もう一つが信販会社です。

カードローンを選ぶときは、どんな系列の会社が取り扱っているカードローンなのかという点も重要なポイントになります。
それぞれのメリット・デメリットを知って、自分に合うカードローンを選びましょう。

銀行カードローン

銀行カードローンとは、銀行が取り扱うカードローンのことです。

メリットは、他系列のカードローンに比べて金利が低めに設定されていることです。
また、銀行カードローンは貸金業法にかからない融資になるので、年収の1/3以内などという貸し出しの上限はありません。多額の借り入れが必要なときや、返済を一本化して利息の支払いを減らしたい場合に適したカードローンと言えます。

デメリットは、審査が厳しいことです。返済能力がきちんとあるか、借入は多すぎないかということなどを時間をかけて審査されます。
また、最近は他のカードローン会社と変わらないスピードで審査する商品も出てきたとはいえ、一般的に申し込みから融資まで時間がかかる場合が多いです。

消費者金融系カードローン

消費者金融系カードローンとは、消費者金融会社が取り扱うカードローンのことです。

メリットは、審査の敷居が比較的低いこと。アルバイトやフリーターの方でも借入れしやすくなっています。また、審査時間も短いので、早く融資を受けたい人には便利なカードローンと言えるでしょう。

デメリットは、他の会社と比べて金利が高めであることです。金利が高いと返済がなかなか終わらなかったり、毎月の支出が多くなりすぎたりしますので、長期的な利用には向かないと言えます。

信販系カードローン

信販系カードローンとは、信販会社が発行するクレジットカードに付随するカードローンのことです。

メリットは、銀行に比べると比較的審査は緩く、しかも普段利用しているクレジットカードでお金を借りることができるということで安心して利用しやすいことで す。新たに申し込むとなると「お金を借りる抵抗感」が起こりやすいものですが、クレジットカードを利用して銀行ATMなどから引き出すことができるので、 カードローン初心者には利用しやすいでしょう。

デメリットは、比較的作りやすい分、金利が高めであることが多いということです。つまり、長期間借り入れをしたいという場合には不向きと言えます。

このページの先頭へ